833円 【無印良品 公式】 ステンレスメッシュザル・S 約直径16.5×高さ6.5cm キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 ざる 833円 【無印良品 公式】 ステンレスメッシュザル・S 約直径16.5×高さ6.5cm キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 ざる 【無印良品,約直径16.5×高さ6.5cm,公式】,/colloquialness567512.html,www.candy-circus.com,ステンレスメッシュザル・S,833円,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , ざる 無印良品 公式 ステンレスメッシュザル 約直径16.5×高さ6.5cm S セール価格 【無印良品,約直径16.5×高さ6.5cm,公式】,/colloquialness567512.html,www.candy-circus.com,ステンレスメッシュザル・S,833円,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , ざる 無印良品 公式 ステンレスメッシュザル 約直径16.5×高さ6.5cm S セール価格

無印良品 公式 ステンレスメッシュザル ☆送料無料☆ 当日発送可能 約直径16.5×高さ6.5cm S セール価格

【無印良品 公式】 ステンレスメッシュザル・S 約直径16.5×高さ6.5cm

833円

【無印良品 公式】 ステンレスメッシュザル・S 約直径16.5×高さ6.5cm







ステンレスボールとシリーズでスタッキングできます。軽量化し、水切れをよくしました。ステンレス ボール・Sと重ねて使用頂けます。

商品仕様

原産国・地域日本
仕様・混率ステンレス鋼(18-8)
重量(梱包材含む)約100g
食洗機使用可否
お取扱い上のご注意●金網が切れたり、巻き込み部分からはずれたりした場合は使用しないでください。手などをキズつける原因となります。●電子レンジ、オーブンは使用できません。●落下や転倒等の強い衝撃や、無理な力は加えないでください。変形、破損の原因となります。●塩分や酸を含んだ汚れを付着したまま放置したり、鉄、アルミ等異種金属と接触したまま放置させないでください。サビ発生の原因となります。●ご使用前は、食器用中性洗剤をつけたスポンジでよく洗浄してからご使用ください。●ご使用後は、よく洗浄して乾燥させてください。サビ発生の原因となります。

※モニターの発色具合によって色が実際のものと相違する場合がございます
※当店は海外へ発送を行っていません

【無印良品 公式】 ステンレスメッシュザル・S 約直径16.5×高さ6.5cm

News

2021.10.08 IR

新市場区分における上場維持基準への適合状況に関する一次判定結果と プライム市場基準充足への取り組みについてのお知らせ (124KB)

2021.10.08 企業

農業資材EXPO2021出展に関するお知らせ

2021.10.05 IR

自己株式の取得状況に関するお知らせ(会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (116KB)

新中期経営計画(2021-2023年)

philosophy

食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献します

食糧増産技術(アグリテクノロジー)

弊社では、世界の食糧増産に貢献する製品開発を行っています。
3つの「アグリテクノロジー」を極め、世界に普及させるために、社員自らも栽培に挑戦する会社です。

防除技術

2拠点の研究体制(鳴門・インド)高安全性・新規有効成分探索

施肥灌水技術

栽培技術 水耕栽培肥料 国内シェアNo.1

バイオスティミュラント

環境・病害虫に対し作物の免疫力を高める生物多様性の尊重

  • 食糧増産が必須
  • エネルギーの大量消費
  • 自然破壊

SDGs・CSRへの取り組み

  • 食糧増産が必須

    農薬使用による薬剤耐性の発生

    新規開発を行っている農薬メーカー
    は約千社の中で日欧米の20数社

    新規薬剤開発防除技術

  • エネルギーの大量消費

    地球温暖化
    局所的な気候変動

    作物へのストレス増大

    作物の免疫力の向上バイオスティミュラント

  • 自然破壊

    砂漠化・塩害・水質汚染
    世界の土壌の3割が劣化

    必要最小限の水と肥料施肥灌水技術

OATアグリオグループの企業活動そのものが、SDGsへの取組みです。
『アグリテクノロジー』を普及させることが“環境保全”・“資源効率の改善”・“飢餓撲滅”に繋がります。

取り組み事例

CSR基本方針の下、主に鳴門市内の小学生を対象に「栽培の楽しさを知ってもらうとともに、植物について学習する機会を設ける」をテーマとして栽培学習会や栽培研究センター見学会を実施しています。

海外展開

弊社は3つの「アグリテクノロジー」を軸に、グローバルな視点で製品開発を行っております。
国内外の関連会社と共に海外展開を加速、世界の食糧生産に貢献します。

PICK UP